ホーム > 旅行代理店向け情報一覧 > 因州若桜 田舎料理

因州若桜 田舎料理

【プラン概要】

~元禄年間建築の庄屋屋敷で味わう~
鳥取県の保護文化財に指定されている三百田氏住宅。かつて庄屋屋敷だった江戸中期の建築様式を伝える貴重な建物で、地元若桜産の野菜や川魚、山菜などを使った素朴な田舎料理を調理提供します。

【三百田氏住宅】若桜町吉川には播州に至る街道沿いにある因幡最奥の村で、古くからこの村の庄屋をつとめてきた。元禄6年(1993年)この村は全村焼失の火事にあい、最近に氏神社を再建し、次に庄屋だった三百田家の建築にとりかかったと言われる。この普請の過程は、元禄7年正月付けの「一代普請方合力人数帖」によって知ることができる。建築様式は因幡地方の特徴である入母屋茅葺屋根、染行4間、桁行7間半のいわゆる「四八」の造り。現在は、吉川の集落から若桜郷土文化の里の一角に移築され、典型的な「広間型三間取」に復元されている。外観は、中国地方の古民家に独特の「置き千木型」の棟飾りが置かれ、重厚な茅葺屋根に太い柱など、庄屋らしい風格を感じさせる。

【概要】 ●期間 通年(昼食のみ)  ●場所 三百田氏住宅(若桜町屋堂羅) ●料金 1,800円 ●団体対応 最少催行人数 25名 
最大収容人数40名

【補足事項】 ●定休日 毎週月曜日 ●三百田氏住宅のなかで、地元若桜産の食材をふんだんに使い、箱善による田舎独特の料理を召し上がっていただきます。 ●大型バスの駐車できます。

地産地消にこだわった田舎料理

地産地消にこだわった本格的田舎料理です。食材はすべて若桜産、お隣の八頭産、そして鳥取県産を使用しています。豊かな緑と水に恵まれた食材を使い昔ながらの健全な食事をご準備します。


元禄時代の生活の知恵

鳥取県の保護文化財「三百田氏住宅」で、元禄時代の建築方法と生活の知恵を体験します。