満喫!若桜鉄道

ホーム > 満喫! 若桜町 > 満喫! 若桜鉄道 > めぐる

めぐる:車窓から望む懐かしい情景 JR郡家駅から終着駅若桜までの19.2Kmを結ぶローカル線で、線路の23施設が登録有形文化財となっています。
ゴトンゴトンと心地よい揺れとともに車窓に広がる四季折々の素朴な田舎の風景をお楽しみ下さい。

若桜鉄道沿線 郡家 隼 安部 丹比

JRと若桜鉄道の乗換駅です。ここから終着駅若桜までの19.2kmが若桜鉄道の運行区間となり、のんびりゆったりローカル線の旅をお楽しみいただけます。

八東川に架かる若桜鉄道最長139mの鋼製8連桁橋。緩やかな湾曲で列車が減速するため、ゆっくりと車窓の景色が楽しめます。

スズキのバイク「ハヤブサ」と同じ駅名のため、全国各地からライダーの集まる聖地となっています。毎年8月初旬に開催される「隼駅まつり」には数百台の隼ライダーが一堂に会する様は圧巻です。

200メートルの小高い丘にあり、古くから桜の名所として親しまれています。毎年春には千本余りの桜が咲き誇り、車窓からもその景色を楽しむことができます。

窓の外には八頭町特産の花御所柿の柿畑が広がります。秋には一面橙色に染まり、写真撮影スポットのひとつとなっています。

映画「男はつらいよ」の第44作目「寅次郎の告白」(平成3年公開)のロケに使用された駅です。駅ホームの待合所には「寅さん案山子(かかし)」が座っています。

車窓からは秀峰「氷ノ山」の山頂が見えてきます。四季折々の氷ノ山の表情をお楽しみ下さい。

橋長128mの鋼製10連桁橋を通過します。「徳丸どんど」といわれる自然滝があり、広い河原から近傍の山々を眺めることができます。

石積みのプラットフォームにあるひさしに使われている支柱は、20世紀初頭の輸入レールなどを加工して作られています。

全線19.2kmの内、駅間最長の5.7kmを走り、橋長110mの鋼製7連桁橋や積雪地帯ならではの雪覆などがあります。冬季にはこのあたりから一気に積雪量が増していきます。