ホーム > 学校団体向け情報 > 若桜宿「まち歩き 仮屋・蔵通り散策ガイド」

若桜宿「まち歩き 仮屋・蔵通り散策ガイド」

【プラン概要】

城下町から宿場町になった歴史と文化の残る街並みをガイドの説明し学習します

中世、若桜鬼ヶ城の城下町として整備され、江戸時代以降は鳥取と姫路を結ぶ若桜街道と伊勢街道の宿場町、商業都市として発展しました。「蔵通り」や「カリヤ」通りなどの特色ある近代以前の建築が現存しガイドの説明で詳しく学習できます。

●場所  若桜町若桜 ●所要時間 徒歩約40分 ●対応人数 15〜40名 追加ガイド可能 ●料金 2000円 ●トイレ 駅前、休憩交流施設 
●駐車場 道の駅桜ん坊 大型バス4台

【概要】 ●期間 通年  ●場所 若桜宿  ●料金2,000円 ●団体対応 
 最少催行人数15名 最大人数 80名

蔵通り

外から見るだけで20の土蔵があり、ここだけでも10棟が連なっております。屋根下の母屋などに左官の細やかな細工がなされています。

ガイド説明

1.2mの仮屋(ひさし)を付けた通りが今も残っています。若桜町には5本の水路が流れており、防火用水や流雪溝として利用されました。

仮屋通り

1.2mの仮屋(ひさし)を付けた通りが今も残っています。若桜町には5本の水路が流れており、防火用水や流雪溝として利用されました。

昭和おもちゃ館

第二次世界対戦後の昭和時代の生活空間を再現し、ブリキで作られたおもちゃを展示しています。おもちゃの原点が学習できます。