ホーム > 学校団体向け情報 > 「不動院岩屋堂ガイド」特別公開企画

「不動院岩屋堂ガイド」特別公開企画

【プラン概要】

日本三大の投入れ堂で岩窟内に建つ舞台造りの建物

修験道寺院の建築として知られ、天然岩窟内にある舞台造りの建物。大同元年(806)飛騨の匠が建築したもので、秀吉来攻のとき、兵火にかかり焼失し、このお堂だけが残ったと伝わっています。

岩屋堂全景

このお堂は鎌倉時代初期の源頼朝による再建と伝わるが、昭和30年から32年にわたって行われた解体修理の報告書においては室町時代初期頃の建立と推定されている。

もう目の前

高さ13m、間口7mの天然の岩窟に嵌め込まれるようにして作られた寺院建築で、屋根は全面を入母屋造、背面を切妻造とし、床下を長い柱で支える懸造(舞台造り)である。

日本三大不動

弘法大師が33歳の時に彫刻したといわれる不動明王坐像が安置されています。東京にある目黒・目赤の両不動とともに日本三大不動といわれている。(7/28・3/28のみ公開)

歴史の学習

ガイドによる詳しい説明により、不動院岩屋堂の歴史を学習します。

新設の休憩所

バリヤフリーの洗面所・洋式トイレを完備しています。