買う

ホーム > 目的で探す:買う > 有限会社 太田酒造場

有限会社 太田酒造場

ゆうげんがいしゃおおたしゅぞうじょう

カテゴリー:買う

画像1

画像2

酒は純米、燗なら尚良し


明治42年創業、若桜町の旧街道に蔵のある(有)太田酒造場は緑と清流の豊かな環境の中、地元で栽培した酒米と水を使い、地元の者が日本酒「辨天娘(べんてんむすめ)」を造っています。 平成21年より全ての純米酒が生産者ごとの酒米、つまり田んぼごとの仕込みとなりました。小さな小さな蔵ですがお米の素質と味わいを大切に、"燗して尚良く"なる純米食中酒を目指しています。また、太田酒造場の蔵人の賄い食が始まりのなら漬は全て若桜町産の大根と胡瓜を使い、塩漬け3回、酒粕に7~9回漬替え、2~3年に及ぶ歳月をかけて作っています。大根・胡瓜と酒粕のすなおな味もお楽しみ下さいませ。                                                                                            

お店・生産者からの声

まず何より、商品がお客様のお手元に渡るまで、ひとつひとつ丁寧に管理することです。そしてお客様とのお付き合いを大切にさせて頂き、その中から多くのヒントを頂だいして、伝統を守りつつも新しいものへの挑戦を忘れないことです(四代目蔵元)                                                         

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

画像1-3

知得(知っとく)情報

●おすすめポイント

日本酒「辨天娘(べんてんむすめ)」は全て自社栽培を含む契約栽培の酒米を使い、酒米の種類(強力・山田錦・玉栄・五百万石・鳥姫)、更には生産者ごとに仕込みをして、仕込み順に「〜番娘」という番号とそれぞれの酒米生産者が裏ラベルに記載され出荷されます。しっかりとした発酵を目指しており、50〜70℃のお燗にしても味が崩れず、香りは控えめでお米の味わいが膨らみます。炊きたてご飯と同じ感覚で、一年を通して熱々燗でお召し上がり下さいませ。※直射日光を避け冷暗所で保存いただければ長期間保存にも耐え、開封後も長い月日をかけてお楽しみいただけます。
お酒造りの副産品である酒粕はなら漬に使われ、何回もの漬替えを経て塩分濃度が高くなった酒粕は、塩分が必要な鳥取和牛の栄養として飼料と一緒に牛さんに食べて頂いています。

■ 辨天娘 純米酒  1800ml 2,500円(税込)より

お燗をして食中酒としてお料理と一緒に楽しめます。

■ 辨天娘 純米 宝栄 1800ml 2,625円(税込)

若桜町産「玉栄(たまさかえ)」使用の純米酒。50度位の熱めの燗に適しています。

■ 若桜だいこん なら漬
契約栽培による新鮮な大根と長期熟成した酒粕を用いて漬け上げた手作りの大根なら漬です。

150g 450円 
300g 850円

■若桜きゅうり なら漬
契約栽培した若桜産の胡瓜で漬け込んでいます。プリプリとした食感と果肉に詰まった旨味が食を進めてくれます。

150g 450円

  • 画像1
  • 画像4
  • 画像5

詳細情報

住所

鳥取県八頭郡若桜町若桜1223の2

休業日

不定休

アクセス

徒歩で若桜駅から約10分

お問い合わせ

TEL 0858-82-0611
FAX 0858-82-0612

お店HP

http://www1.ocn.ne.jp/~bentenmu/