観る

ホーム > 目的で探す:観る > 仮屋通り

仮屋通り

かりやどおり

画像1

画像2

家と道路との間にあたる幅1.2mほどのひさしのついた私道で、豪雪地帯である若桜ならではのユニークなアーケードです。昔はこれが続いていて、雪や雨の日でも傘をささずに通り抜けができました。

詳細説明

この仮屋ができたのは明治18年の大火があった時、若桜宿会議で「家は道路端から1丈1尺(3.3m)控えて土台を造ること、その土台から4尺(1.2m)の仮屋(ひさし)を付け、2尺(60cm)の川を付けることなどが決められました。」現在は途切れ途切れになっていますが、当時は700mから800m連なっており、雨の日でも傘無しで通り抜けができたようで「若桜よいとこ雨の日も仮屋づたいに傘いらず」と歌われています。

この通りは平成20年、国土交通省が進める「夢街道ルネッサンス」の中の一つに「若桜清流通り」として認定されています。

  • 画像1

詳細情報

住所

鳥取県八頭郡若桜町若桜

アクセス

徒歩で若桜鉄道若桜駅からすぐ

お問い合わせ

TEL 0858-82-2237(若桜町観光協会)