観る

ホーム > 目的で探す:観る > 若桜郷土文化の里

若桜郷土文化の里

わかさきょうどぶんかのさと

画像1

画像2

詳細説明

若桜町歴史民俗資料館は、明治40年から昭和56年3月まで銀行として使われていた建物を移転復元したものでこの建物は明治時代の典型的な土蔵造りで豪商の面影を伝えており、当時銀行の威信にかけ銘木を駆使して斬新な設計で外観についても間口に比して低い軒、どっしりと品よく調和した入母屋造りの、特に土蔵の妻の技巧が正面に配され、全体として変化に富んだ美しさを現出しています。無動山永福寺の山門は、昭和56年に長砂地内の永福寺跡から若桜歴史民俗資料館隣に移転復元したものです。鳥取県の保護文化財である三百田氏住宅はかつての庄屋の家で、江戸中期の建築様式を伝える貴重な建物です。たくみの館では、木工ロクロを使って、こけし人形やコマ、茶托づくり等の体験もでき、古くから人の生活にとけ込んだ木工の世界に触れることができます。また、ギャラリーでは、展覧会やいろいろの企画で文化を楽しむことが出来ます

詳細情報

住所

鳥取県八頭郡若桜町屋堂羅37

料金

入場無料
※たくみの館:研修室・木工ろくろ体験・民俗資料館奥座敷・三百田住宅は有料

利用可能時間(営業時間)

毎週火曜日~日曜日:午前9時~午後5時まで

休業日

毎週月曜日・年末年始

駐車場

5~6台(無料)

アクセス

車で若桜駅から約5分

お問い合わせ

TEL 0858-82-0583