観る

ホーム > 目的で探す:観る > 若桜橋

若桜橋

わかさはし

画像1

画像2

商店街と国道29号を結んだ八東川に架かる若桜橋(延長82m、有効幅員5.5m)は、1年の歳月と当時4万円の工費をかけ昭和9年に地方では初めてのコンクリート橋として完成しました。現在は地元住民の重要な生活道として大きな役割を果たしています。

詳細説明

若桜橋は、国道29号線沿いの八東川に架かる橋梁として、昭和8年10月に着工され昭和9年7月に完成しました。鉄筋コンクリートアーチ橋であり、3連の美しいヴォールトアーチを成しているのが特徴です。戦前の橋で3連規模のものは県内では例がなく、大変貴重なものです。現在も一般県道若桜停車場線として利用されており、平成16年度には土木学会選奨土木遺産に選ばれました。この若桜橋は、後年に高欄横の融雪水用のアルミパイプなどが加わっているものの、建設当時の設計図などと現在の橋を比べると、その構造体は完成当時と全く変わっておらず、当時の技術を知るうえで貴重な資料となっています。この貴重な文化遺産である「若桜橋」を国登録有形文化財にと申請していたところ、平成19年9月に国の文化財審議会において登録に係る答申が行われました。若桜橋は当時を象徴する近代文化遺産として価値も高く、景観やデザインにも優れ、当時の橋梁建設技術が高度に発達していたことを知るうえで重要な文化財です。

詳細情報

住所

鳥取県八頭郡若桜町若桜

アクセス

車で若桜駅から約5分
徒歩で若桜駅から約15分

お問い合わせ

TEL 0858-82-2237(若桜観光協会)