観る

ホーム > 目的で探す:観る > 若桜神社

若桜神社

わかさじんじゃ

画像1

画像2

鬼ヶ城の初代城主矢部氏が創建したと伝えられる神社で、江戸時代には鳥取藩主池田の庇護を受けていました。1333年(元弘3年)には名和長年が鉾を奉納したというエピソードでも知られています。木立に囲まれてたたずむ姿は荘厳で、古くから松上大明神として信仰を集めています。

詳細説明

創立年月日は不明ですが、社伝によると古くから松上大明神と呼ばれており、元は三倉村の八兵衛谷に鎮座していたが、矢部氏が駿河の国より来往し、鶴尾山に鬼ヶ城を開城したため、現在の位置に遷ったとされています。1601年(慶長6年)赤松村から熊野権現を三倉村から八幡社を合祀し、祭神とした若桜の氏神様で、若桜城主代々の崇敬を集めるとともに、郡中の大社として崇敬されました。神社には後醍醐天皇の短冊、名和長年の鉾、平盛継の陣笠、平師盛の甲冑などといわれる多くの寄進物があったことが宝物帳で確認できると言われています。境内は広くシラカシやもみの木の原生林によって鎮守の森が形成されており、「若桜神社社そう」として昭和57年に鳥取県の天然記念物の指定されています。神社の大祭は近郷では「わかさまつり」として親しまれ、毎年5月3日が例祭日で、神輿や行列、獅子舞などが繰り出す御幸祭は隔年に行われています。

詳細情報

住所

鳥取県八頭郡若桜町若桜

料金

無料

駐車場

有り

アクセス

車で若桜駅から駐車場まで約5分
徒歩で若桜鉄道若桜駅から約15分

お問い合わせ

TEL 0858-82-2237(若桜町観光協会)