観る

ホーム > 目的で探す:観る > 諸鹿渓谷

諸鹿渓谷

もろがけいこく

「21世紀に残したい日本の自然100選」に選ばれている諸鹿渓谷は、溶岩石でできた岩や諸鹿七滝と称される滝だきの景観が約10キロに渡って続いている。

詳細説明

若桜町の北端、扇の山の中腹に広がり、標高900m前後の広留野高原の周辺部に位置する諸鹿渓谷は若桜宿から8キロばかり離れた諸鹿集落から奥に、溶岩流でできた岩や諸鹿7滝と称される奇観が約10キロメートルにわたって続いている。川の両岸一帯には、ブナやトチの大自然が広がってその景観はすばらしく、避暑や紅葉狩りなど多数の人々に親しまれている渓谷である。諸鹿渓谷には「諸鹿七滝」と呼ばれる滝群があり、その中でも大鹿滝、出合滝、雲龍滝はよく知られており、勢いよく岩肌を流れ落ちる滝の音、飛び散る水ばつは美しい自然を満喫させてくれます。諸鹿集落からは、自動車道はありませんが、細いながらもよく整備されている遊歩道があり、中国自然歩道に指定されています。

八東川の支流、来見野川の流域をたどると、雄大さを誇る屏風岩が立ちはだかります。その雄大な自然の造形美には圧倒されるばかりです。

「諸鹿七滝」を代表するこの大鹿滝は、周囲は畳々たる岩石で覆われ、22メートルの高さから白い柱となって落ちる様は、涼気と壮観さを存分に味わえます。

  • 画像1
  • 画像2

詳細情報

住所

鳥取県八頭郡若桜町諸鹿

駐車場

有り

アクセス

車で若桜駅から約30分

お問い合わせ

TEL 0858-82-2237(若桜観光協会)